センチグラムdrums丹 マサヒロ「LIFE IS BEAUTIFUL」


日常の事、趣味の事、バンドの事などきままに綴ります。
by sentigram
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

弱い者が生きていけないこの国

始まりは先週の話でした。

朝早くに家のベルが鳴り応答すると

「○○区役所です」

やばいなって心で思いながらもドアを開ける。
住民税の話だった。

払うべき金額を見せられ、一括では無理だと告げる。
そこで、自分の去年の収入額を初めて知ったという情けない自分もいましたが
それにしても、ちょっと高いなと。
払う意思はあると伝え、後日区役所にいくという事で引き上げていった。
去り際に
「このまま払わないと大変なことになります」
というある意味脅しなのかキメ台詞的言葉を吐き去って行った2人の職員。

昨日、バイトの前に朝一で区役所にいくと
朝礼をやっていました。

そこの雰囲気は、重くどんよりしていた様に自分の目に映った。

係りの人が丁寧に対応してくれた。
自分は、その朝礼から度々聞こえてくる「差し押さえ」という言葉に引っかかっていた。

係りの人は、自分の住所を打ち込み、支払い書をプリントしそれをもとに話を進める。
その人にも一括では払えないという話をし、電卓をだして、
「家賃はいくら?」
「食費はいくら?」
などと計算しはじき出された数字をみて言葉を詰まらせる。

どう考えても税金など払えない金額なのだ。
さぁ、どうする。

自分が払うべき金額を12で割り(1年)、出された金額を月々支払えば問題ないと。
「もし、2ヶ月続けて支払いがないと、給料を差し押さえられます」
自分は、あきれてしまって笑った。
差し押さえらるほどの給料でもなく、差し押さえられる品物もない。

どう話してもその金額から下がる事はないので、月々払うことを約束した。
この係りの人に怒りをぶつけたとしても意味はない。
この人が発言した言葉を並べると

「この法律を作った自民党が悪く、だから選挙に負けたんだ」

「収入の少ない者から取立てを始めている」

「弱い物は更に生活が厳しくなる」

「家賃が高い」

などなど。

自分に同様してくれている顔をしていたが、あくまでもそこには「心」がない。
毎日くる自分のような人間相手にマニュアル通りの会話。
絶好のカモ。

兎に角ですね、税金の取立ては今後物凄い勢いでくるだろうと思います。
僕らバンドやってたり、夢を実現させようと必死に生きている人には、とても苦しい時代になると思います。

そのお金の使い道は、お偉い先生(政治家)や官僚のお給料だったり、接待費、キャバクラ費、
ソープランド費、愛人へのお小遣い、やらなくていい年末の道路工事、巨額負債を抱える○○センターなどの設立運営、僕らには何も還元されないことばっかり。


アホくさいなと。

役所のあの雰囲気、あの顔が、今の世の中を物語っているようだった。


東京都主税局
http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/sonota/index_j.htm
[PR]
by sentigram | 2007-12-19 15:57 | 日記
<< 久しぶりロト6 進め!! >>


最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
吉祥寺?
from 吉祥寺
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧