センチグラムdrums丹 マサヒロ「LIFE IS BEAUTIFUL」


日常の事、趣味の事、バンドの事などきままに綴ります。
by sentigram
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

2007年 08月 23日 ( 1 )

凛として時雨vsART-SCHOOL

恵比寿リキッドルームでのライヴ。
どんなライヴになるのか、両バンドとも、正直ちゃんと聴いた事がないからだ。

凛として時雨は、前に某ライヴハウスでよく名前を見た。
ステッカーやフライヤー、BBSのライヴ告知などでね。

ドラムのピエール中野氏は、ドラムマガジンでコラムをやっている。

ライヴスタート。
一気にテンションの上がるオーディエンス。
自分は会場後方で見ていた。
Vo&Gの甲高い声(男性)、Ba&Vo(女性)の声と同じ帯域だった。
テレキャスターが似合っていた。
Baはゴリゴリの音で、本当に女性なのかと思うぐらいパワフルな音。
Drの、踏みまくりのバスドラ
1曲で展開が次々と変わる。
そのきっかけでキメが入り、テンポ変わる。
自分には、超テクバンドに思えた。
X Japanのようなドラム、メタル、ハードロック、あの人のドラムは、まるでソロのようだった。
そのドラムプレイの裏には、相当な練習量が見えた。そして、相当音楽を聴いているのだと思った。
この凛として時雨は、一度は観た方がいいと思う。
好き嫌いはあるにせよ。それだけ「ロックショック」を受けさせてくれること間違いなし。

ART-SCHOOL

昔JCOMに加入していた時にちょくちょく映像としてみたことがある程度だった。
ドラマーがオープンハンド(左利き、左でハイハットを刻む、東京事変、スカパラ、ファジコンのドラマーみたいな)で、ディヴグロール(現フーファイターズVo&g,元ニルヴァーナDr)が好きなのかなと思いながら見ていた。
曲を作る人なのか、バンド全体に、ニルヴァーナが見えた。
MCは、あまりなく、テンポよく曲が始まる。
デビューしてながく活動しているバンド、ライヴをみて色々学べた。

オーディエンスは、10代~20代の層が多く、男女比も4:6ぐらいだったかな。
比較的男性が多かった気がする。
[PR]
by sentigram | 2007-08-23 14:17 | 音楽


最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
吉祥寺?
from 吉祥寺
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧