センチグラムdrums丹 マサヒロ「LIFE IS BEAUTIFUL」


日常の事、趣味の事、バンドの事などきままに綴ります。
by sentigram
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

カテゴリ:音楽( 16 )

Maroon 5

Maroon 5のアルバム「It Won't Be Soon Before Long 」

前作「Songs About Jane」は、メローでテンポ的にもミディアムからスローと聴かせる楽曲
が多かった。
個人的にはすごく大好きなアルバム。
「She Will Be Loved 」や「Sunday Morning 」はCMなので聴いた事がある人が多いのではないかと思います。
1曲目の「Harder To Breathe 」が特に好きですね。

前作に比べ2ndアルバム「It Won't Be Soon Before Long 」
は、ビート感、グルーヴ感が増している。
ライヴで自然に踊れそうな曲が多い。
その一つの理由としてドラマーの違いがあるだろう。
Drumsマット・フリン (Matt Flynn)は、ドラムマガジンのインタビュートでたくさんのヒントを語っていた。

2曲目「Makes Me Wonder 」
切れの良いギターのカッティング、シンプルなキメ、そして体を自然に揺らされるリズム。
そして、Vo.アダム・レヴィーンの声。是非、聴いていただきたい。

9曲目「Not Falling Apart」
シンプルなんだけど楽曲としてスケールの大きさを感じた。
ホールで爆音で聴きたい曲。
ある雑誌のインタビューで語られていたが、このアルバムを制作するに辺り80'sの音楽を聴いていたそうだ。それを読み、自分も80'sの音楽を聴いてみた。
インタビューで語られていた事の意味がわかった。

この作品を聴いて8ビートの重要性を感じた。
手数がおおければいいわけではない、派手だけじゃない、ドラマーの一番難しいのは、8ビート
だと。

Maroon 5
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/maroon5/
b0111538_162898.jpg

[PR]
by sentigram | 2007-10-02 16:28 | 音楽

凛として時雨vsART-SCHOOL

恵比寿リキッドルームでのライヴ。
どんなライヴになるのか、両バンドとも、正直ちゃんと聴いた事がないからだ。

凛として時雨は、前に某ライヴハウスでよく名前を見た。
ステッカーやフライヤー、BBSのライヴ告知などでね。

ドラムのピエール中野氏は、ドラムマガジンでコラムをやっている。

ライヴスタート。
一気にテンションの上がるオーディエンス。
自分は会場後方で見ていた。
Vo&Gの甲高い声(男性)、Ba&Vo(女性)の声と同じ帯域だった。
テレキャスターが似合っていた。
Baはゴリゴリの音で、本当に女性なのかと思うぐらいパワフルな音。
Drの、踏みまくりのバスドラ
1曲で展開が次々と変わる。
そのきっかけでキメが入り、テンポ変わる。
自分には、超テクバンドに思えた。
X Japanのようなドラム、メタル、ハードロック、あの人のドラムは、まるでソロのようだった。
そのドラムプレイの裏には、相当な練習量が見えた。そして、相当音楽を聴いているのだと思った。
この凛として時雨は、一度は観た方がいいと思う。
好き嫌いはあるにせよ。それだけ「ロックショック」を受けさせてくれること間違いなし。

ART-SCHOOL

昔JCOMに加入していた時にちょくちょく映像としてみたことがある程度だった。
ドラマーがオープンハンド(左利き、左でハイハットを刻む、東京事変、スカパラ、ファジコンのドラマーみたいな)で、ディヴグロール(現フーファイターズVo&g,元ニルヴァーナDr)が好きなのかなと思いながら見ていた。
曲を作る人なのか、バンド全体に、ニルヴァーナが見えた。
MCは、あまりなく、テンポよく曲が始まる。
デビューしてながく活動しているバンド、ライヴをみて色々学べた。

オーディエンスは、10代~20代の層が多く、男女比も4:6ぐらいだったかな。
比較的男性が多かった気がする。
[PR]
by sentigram | 2007-08-23 14:17 | 音楽

AJISAI LIVE 渋谷Egg man

AJISAIのライブを見に行った。
渋谷駅について、競歩ばりのスピードで坂を駆け上がり、着いたらちょうど始まった。

8月1日に発売されるアルバムの中からの選曲でした。

1.アンバランス
2.送信エラー
3.手紙
4.桜並木
5.片道急行

全曲歌いながら聴けた。
仲間であり、自分は相当なFANだろうと自負しています。

個人的には「手紙」という曲が聴けて超満足でした。
こんな歌詞がある
「子供の頃からおんなじで 俺は主役にはなれなくて
いてもいなくても 何もかわらない 通りすがりのエキストラ」
素晴らしい歌詞です。

初めて聴いたときから、僕にはストライクでね。
8月9日にレコ発ライヴが新宿RUIDO K4であるので行こうと思ってます!!

このアルバムは、売れるんだろうな。
AJISAIのメンバーは、自分からみたらすごく若いんんだけど
AJISAIメンバーが29歳になっても、この曲たちはさらに良さを増すんだろうな。
もっと大きなステージで歌っている俊君が想像できる。

僕は仲間として、FANとして、AJISAIを応援し続けるだろうな。
[PR]
by sentigram | 2007-07-27 18:11 | 音楽

UBC-A-GO!GO!

早稲田大学の音楽サークルが主催するイベントに行ってきました。

目当ては、UNISON SQUARE GARDEN。

会場に着いたのがぎりぎり。
思ったより駅から歩く。
順路の看板があったのですが、一番大事な所で看板は力果てていた(倒れていた)。

ユニゾンのライヴはつい最近も観たんだけど、どんどんバンドが凄くなっているなと。
いい刺激です。

その他にも3バンドでました。
最後のバンドは「ランクヘッド」
うーん、さすがでした。
音響の環境がどうのとか、そんな事は心にしまって、野外FESっていいなって思いました。


b0111538_23581757.jpg

[PR]
by sentigram | 2007-07-08 23:58 | 音楽

KICHIJOJI SHUFFLEグランドオープン!!

吉祥寺の街に新しいライヴハウスが誕生!!
「KICHIJOJI SHUFFLE」
いってきました。
「scope」ってバンドを目当てに。
ここの店長は、もうかれこれ5年ぐらいの付き合いになる仲間。
ぎゅうぎゅうのお客さんでした。
圧倒的女性が多かった。
scopeのドラムさんは、自分の好きなバンドのドラムさんでがっちり見ときました。
あんな近くで見れるなんて幸せって感じですね。
3ピースでベースさんがこのバンドを支えてるんだなと思った。
最後のバンドまで見たかったが、あんまりの客の多さに疲れてしまい店を出ました。
僕のバンドでも、でたいライヴハウスです。
http://k-shuffle.com/


んで、いつもお世話になっているプラネットKのFさんから電話がきて、ちょっとお話しにいってきました。

明日は、UNISON SQUARE GARDENのライヴにいってきます。
野外ライヴなので、晴れる事を祈ります!
[PR]
by sentigram | 2007-07-07 22:25 | 音楽

シモダス

シーモネーター&DJ TAKI-SHITの1stアルバム「シモダス」を
某レンタルショップから借りてきた。

米米クラブの「浪漫飛行」ネタを使った「浪漫ストリーム」

男の友情を歌っている「フレンドパーク」

HOME MADE家族のMICROとのコラボレーションで最高にクールで
生々しい性を、リスクを歌っている「半熟ラバーズ」

そして、先日ライヴで聴いた「まってたんだNEO」

僕の中で最近一番熱いアーティストです。

裸に天狗、名古屋のヒーロー、後輩アーティストからは「塾長」と慕われている。

もっと知りたい。そう思わせてくれるアーティストだ。


b0111538_16191167.jpg

[PR]
by sentigram | 2007-07-05 16:19 | 音楽


最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
吉祥寺?
from 吉祥寺
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧